心理マーケティングとは?

マーケティングに心理学を応用し効率的に成果を上げること

心理マーケティングについて説明させていただきます。

最初に結論ですが、心理マーケティングとは、心理学+マーケティングを兼ね合わせた造語です。

心理マーケティングの概念をお話するためには、単語を2つ(心理とマーケティング)に分けて理解する必要があります。

心理マーケティングの活用事例

飲食業

キャンペーン、タイムサービス、メニュー開発、販促ツール制作、SNS露出等において、心理マーケティングを活用。
接客においてはバックヤードに協会制作のツールを設置。スタッフがすぐに確認できるようにし、効果を上げている。

エステ業

オフィスに常置。スタッフ全員に協会の提供するルーツを配布。

接客、施術において、心理学に基づく理論、実験、実証結果をマーケティングに適用、応用。
顧客満足度の向上に加え、常連客からの紹介も多数発生している。

専門サービス業(法律・会計資格業)

クライアントには質の良し悪しがあることを実感して来た経緯あり。
(誠実にサービス提供してもクレーム化してしまう顧客が多数)

誰でもいいので集客するのではなく、来ていただきたい顧客に来ていただくために、心理マーケティングを活用。